FC2ブログ

世界遺産!富岡製糸場に行って来ましたヽ(^。^)ノ

本日は、何年も前から計画しては断念していた富岡製糸場訪問が、やっと叶いました(^^♪
DSC_0474.jpg

『上毛かるた写真館』補足ブログのトカ太さんの情報で、駐車場が少ないと聞いていたので早めに出発するつもりでしたが、・・・(^^ゞ
はい!満車でした\(◎o◎)/!  しか~し!すぐに1台分が空きラッキーでした(^_^)v
以外にも、製糸場の直前の駐車場は、空いていますのでおすすめです(^_^)v満車の場合もありますので、あしからず<(_ _)>
DSC_0433.jpg

平日なのに、大混雑で~す(@_@;)>

DSC_0434.jpg
こちらが、東繭倉庫です!

DSC_0441.jpg

ハイビジョン映像で、富岡製糸場の歴史や建物の説明を見てから見学したほうが理解しやすく面白いですよ~ヽ(^。^)ノ

DSC_0442.jpg
明治5年操業開始の建物です!
DSC_0448.jpg
繰糸場です!明治5年建築・長さ140.4m・鷹さ14.8m・幅12.3m
DSC_0443.jpg
広大で明るい!何かお気づきになりましたか?
そうです!照明がありません(@_@;) 大きな窓から明かりを取り入れています!頭良いですね~(^_^)v
DSC_0444.jpg
もう一つ!中央に柱が無い事にお気づきかと思いますが(^^ゞ小屋根には、「トラス構造」という従来の日本にはない建築工法を用いてます。三角形を多用した建築です。
DSC_0447.jpg
当時を再現したパネルです。
DSC_0449.jpg

DSC_0450.jpg
ブリュナ館(指導者として雇われたフランス人ポール・ブリュナが家族で暮らしていた住居です。
余談です(^^♪当初、工女募集の通達を出しても、なかなか人が集まりませんでした。それは、人々がフランス人が飲むワインを血と思い込み「富岡製糸場へ入場すると外国人に生き血をとられる」というデマ」が流れたためでした!
DSC_0455.jpg
雨水を貯めて防火水に利用する装置です(#^.^#)すごい!
DSC_0457.jpg
女工館・日本人工女に、機器による糸取りの技術を教えるために雇われたフランス人女性教師の住居です。
DSC_0465.jpg
西繭倉庫です!
DSC_0466.jpg
蒸気釜所の煙突です!
DSC_0469.jpg
売店での人気商品!手織りストールですヽ(^。^)ノ

本日は、たいへん勉強になりましたヽ(^。^)ノ

那須きり絵・アートショップHP http://nasukirieart.com/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント