FC2ブログ

化け地蔵(?_?) きり絵原画制作の巻!

栃木県日光市の東照宮下にある憾満ケ淵・並び地蔵(化け地蔵)

         きり絵原画の制作001_201502072055087ed.jpg

男体山から噴出した溶岩によってできた奇勝。「かんまん」の名は、不動明王の真言の最後の句から来ています。護摩壇対岸の岸壁には「かんまん」の梵字が刻まれています。周辺には、化け地蔵、慈雲寺等があります。

002_2015020720583647f.jpg

003_20150207205952d1c.jpg

周辺の緑と荒々しい流れの調和した美しい景勝地です。周辺にある地蔵群は「化地蔵」「並地蔵」などの呼び名があります。行きと帰りでは数が合わないという説から「化地蔵(ばけ地蔵)」と言われます。
世界遺産などの豪華なイメージに対して、「もうひとつの日光」と呼ばれる幽玄で美しい日光を見ることができます。


005_2015020721020071f.jpg

006_201502072103087a6.jpg

きり絵原画の制作は、実際に歩き・触れ・感じ・嗅ぎ?写真とイメージを重ね合わせて制作していきます(*^_^*)

と、言う事で実際の風景とは違っています!

DSC_0253.jpg
001_201502072055087ed.jpg

自分の感性で自由に原画制作が出来るのも、きり絵の最大の魅力ですねヽ(^。^)ノ

本日はこれで おしまい <(_ _)>

那須きり絵・アートショップHP http://nasukirieart.com/

那須きり絵・アートショップTwitter https://twitter.com/nasukirieart


ポチッとして頂けると、励みになります.
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

え?
え?
え?
数が合わないんですか?

そういうのもの凄く興味あります。

ということで拍手非公開コメではなく、今日は普通に公開コメントにお邪魔してみました(^^)

心霊スポット?

世界仰天ニュースでも検証されたみたいです。確かに数が合わなかったらしいです!が、私個人は単なる間違えだと思います(^^♪
「化け地蔵」の名前の由来も、仏教用語の「抜苦与楽(ばっくよらく=仏や菩薩が人々の苦を取り除き楽
を与える慈悲の働き)」の「抜苦」がつまって「化」となったという説があり、どちらかと言うとそっちの方が
有り難味があります。

大分前になりますが、
一人で「鳴虫山」にアカヤシオを見に行った際に、
化け地蔵の方に下りるコースを選び、
やはり数えながら歩いてきた事を思い出しました。
駅前まで出るまでにちょっと迷ったりしましたが、
地元の子供たちの「こんにちは」と積極的にあいさつしてくる姿に、
気持ちがほっこりと・・・・。

朱美先生の切り絵の作品に対する姿勢、
人を感動させる作品を創る方の姿勢はさすがだな!
とあらためて感動させて頂きました。

鳴虫山

コメントありがとうございます。鳴虫山、面白い名前の山ですね~(^^♪ご存じだと思いますが、この山に雲がかかると必ず雨になったことから「泣き虫山」と呼ばれ、それが変化して今の名前になったといわれています。アカヤシオは絶滅危惧種になり、なかなか見られなくなっています。心無い方の盗掘や環境の変化も大きな原因かと思います。山を愛する、まっ黒くろすけさんのような方が増えれば環境も良くなるのですが(^_^)v